May 01, 2013

箒川、荒川GW釣行

4月27日土曜日、今回は初心者を連れての渓流フライフィッシングということで漁協の放流が多く、比較的釣りやすい箒川を選択。朝3時出発、GW初日ですがまだ渋滞はなく、到着は朝6時、入漁券を購入し、準備を整えていたが、強風に雪、それでもと入渓してみたものの、強風でたっていられないくらいなので、キャスティングのしようもなし。2時間くらい車で待機をした後、すこし風が収まったタイミングを見ながらで釣り上がって行きなんんとかドライとニンフでイワナ2匹、その後昼すぎまで風の弱いポイントを探しながら、ヤマメを数匹追加。支流の鹿股川にも移動し塩の湯から上に入りましたが、ここでは風は強くないものの反応がなし。午後3時ごろにはまた風が強くなったので箒川をあきらめて荒川に移動、C&R区に入ったもののここでも強風、反応は皆無、それに加えて人が多く各堰堤ごとにフライ・ルアーマンがたっていた。ただイブニングには、目の前でライズがはじまり、締めに26cm程度の良形ヤマメがでてくれ納竿。いままで天気が悪いと出撃をやめてたので、一日中、合羽を着て風雨の中やったのは数年ぶり、風と寒さとの戦いでした(^^;

1367206493784

1367206508727

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2013

那須塩原の渓

 

4月20日、那須塩原の箒川へ。漁協の大量放流で解禁初期は魚影が濃いものの、C&R区以外はやはり場荒れが早い印象を持っているので、例年解禁後数週間経って釣人が減ってから出かけるパターン。午前4時半出発、宇都宮まで一般道で2時間、釣友のHさんをピックアップし、7時半に入渓。気温が下がって反応が厳しいかと思ってたものの、水温にはあまり影響なく反応は上々。さすがに有名河川で釣り人の数はかなりいたが、その分魚影もそこそこで良形のヤマメ、イワナが1日中でてくれた。4時過ぎには雨になり早めに納竿。

Dsc_0750

Dsc_0752

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 12, 2013

いわきの渓「鮫川水系」

4月12日(金)久しぶりの平日釣行。朝7時自宅を出て、常磐道柏からいわき湯本ICへ。入渓は10時、平日なんで人はほとんど見かけず。入渓数投目からヤマメの反応があり、幸先良いスタートと思ったらしばらくは渋い出。堰堤を一つ越えたところから大当たり、入渓点から休憩せずに午後3時まで5時間釣り上がっていったが、フライが乾く暇もなく釣れ続け前に進めない。おそらく50尾は釣れたと思う。サイズは春やまめらしく最大が20cm、平均15~6センチと小ぶりだが十分に春の渓流を楽しめた。

Iwaki201304

Iwaki201304_yamame

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2013

那須高原の渓流

3月30日栃木県那須高原の渓に。午前4時半出発、池袋でHさんをピックアップし首都高、東北道路で、那須高原まで。那珂川支流で下流部から入るも午前中は反応なし。午後まだ水が冷たいとは思ったが思い切って上流部まで10キロ程度異動。幸い暖かくなってきたこともあり数投目からドライに反応があり10数センチのヤマメがでてくれた。その後もつり上がっていくとライズもみられ、好反応。夕方までに20尾の釣果を得ることができました。

Dsc_0720_3

Dsc_0717_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2013

2013年解禁

3月23日栃木県日光方面の渓に。午前5時出発、茨城県守谷市のKさんをピックアップしたので、そのまま国道294号線を北上、一般道で塩谷町まで。鬼怒川漁協の年券を買い8時に荒川に入渓。しばらく釣り上がるもニンフ、ドライとも反応なし。午前11時頃になるとかなりのフライ、ルアーマンが入ってきて各堰堤ごとに人がいる状態となったが、寒さと強風もあって釣れてる気配なし、早々に切り上げ鬼怒川本流の様子をみながら川治温泉まで異動。
川治温泉から上の男鹿川は去年良い思いをしてので、ここでも年券を購入。まだ上流は水温が低いということなので川治地区のキャッチアンドリリース区でやることにした。相変わらずの寒さで魚の活性は今一のようだったがニンフで粘って夕刻までに、虹鱒と遊ぶことができました。久しぶりのアップですが今シーズンもよろしくお願いします。次回からはヤマメ狙いでやります!

Dsc_0704_2

Dsc_0706_4

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2012

越後湯沢の渓

越後湯沢の渓
越後湯沢の渓
7月14〜15日、今回も新潟県越後湯沢周辺の渓流。5時自宅出発、いつもより出発が遅いのと三連休初日の関越道渋滞で現地着は9時前、前日までの雨で増水を心配していたが平水よりは多いものの濁りはなく終日ドライフライでの釣り上がりが楽しめた。初日は35センチを筆頭に良形のイワナ、ヤマメがでてくれた。2日目は去年台風の大雨で被害のあった川、魚はいないかとおもったら漁協の大量放流で木っ端ヤマメ、イワナが入れ食い状態。但し大きくても10センチ止まり、来年が楽しみなポイントを見つけ午前中で納竿。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2012

新潟県の渓

新潟県の渓
新潟県の渓
6月30日、今シーズン初の新潟県釣行。3時半に近所の釣友にピックアップしてもらい現地着は6時半。越後湯沢のコンビニで2100円もする日釣券を購入しいつもの渓に入渓したが、去年の台風の影響で小さな堰堤がいくつか流され随分渓相が変わっていた。去年なら数投でイワナ、ヤマメの反応があったがたまにでるのは小振りなイワナだけ、不安に駆られながらつり上がっていたら、上流にフライマンが、、よく見るとおなじバンブーロッドのMiyuki-Rodのユーザーで友達の友達ってことが判った。世の中狭いと言っても新潟の山の中で会うとはね、フライの世界は狭いんだ(^^;)
ここでポイントを分け、僕たちは移動、ポイントを変えたとたん良型がでてくれた。イワナ26センチ。その後、別の川に移動し入ったところは去年まで木々が茂り入れなかったところ。去年の出水で木々が流され辛うじてフライラインを振りながら釣り上がれるスペースが出来ていた。竿ぬけになっていたようでイワナが次々に出てくれる、昼過ぎまでやって25センチ以上の良型を含めかなり釣ることができた。イブニングは魚野川本流、釣り人はそこそこ入っていたもののあまり釣れている雰囲気はなし。夕暮れ前にヤマメ数匹を追加さ納竿。温泉で汗を流し帰宅は深夜零時。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2012

梅雨の渓流

梅雨の渓流
6月16日今回も鬼怒川上流部の支流。いつもどおり前日夜出発し、道の駅湯西川で車中泊、翌日5時入渓。久し振りの雨のなかの釣りだか濁りはなくむしろ前回より減水気味。朝一のポイントはいつものところから、一投目からでてくれました、26センチの良形。その後減水してるのでいままで流れが強く入れなかった瀬を中心に攻めたら狙い通り立派な尺ヤマメがでてくれました。イブブニングには無理やり同行してもらったの初心者Iさんにも29センチのヤマメ、ガイドの大役が果たせてほっとしました(^^)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 03, 2012

泣き尺連発

泣き尺連発
泣き尺連発
6月2日今回も先週良い釣りが出来た鬼怒川支流を目指した。深夜1時出発、現地着は3時半、日の出ととも入渓し先週のポイントで早速良形のヤマメ、ただその後が続かない。日差しが渓に入りだしたころ漸く瀬でヤマメが出だし午前中で10匹程度。午後はいままで入った事のないところも釣り上がり最高は29センチの泣き尺クラスが2匹
ハイシーズンらしい良い釣りができた。あたりフライは14番ピーコックボディのカディスパターン。イブニングはサイズは22〜24程度だったが20匹程度の数釣りができました。今回同行の友達は残念ながらボウズ、流れが速いのでドラグフリーでポイントに正確にフライを流せるかで差が出たのかもしれません。帰りはいつも通り道の駅湯西川で温泉に浸かり深夜12時帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2012

尺連発

尺連発
5月26日今回は鬼怒川上流を目指した。前日夜出発し、道の駅湯西川で車中泊、翌日日の出ととも入渓した。朝一のポイントは当然過去実績のあるお気に入りポイント、去年も尺ヤマメの釣れたところ。期待に胸を膨らませてフライを投入し数投目でヤマメがヒットしてくれた。その後、しばらく釣り上がっていくと対岸でライズを発見、ティペットを細くしハツチに合わせて20番のミッジに変えキャストすると出てくれました。30センチ、32センチ、28センチ。1日で複数の尺ヤマメは初めて、嬉しい1日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«那須塩原釣行Ⅱ