« 週末 | Main | 山菜釣行 »

April 24, 2005

花見釣行

iwashiro050423_sakura
福島中通り地方は三春の滝桜に代表されるように、この時期すばらしい桜が随所でみられる。(写真は23日釣行時に通過した道路沿いから見た「合戦場のしだれ桜」)

4月22日(金)夜11時出発、釣行前日夜に出発すると高速道路の深夜割引を利用することが出来る。ETC導入以後、道路公団もマイレージ割引・深夜割引とうれしい割引施策を導入してくれている。午前0時から午前4時までの深夜割引を利用すると高速代が3割も節約できる。「夜でるなら一般道路でいけばいい」という話もあるかもしれないが、40を超えると睡眠をきちんととって、体力を消耗させないのが渓流釣りを楽しむ要素のひとつ。現地近くのSAで車中泊し、翌日釣りというパターンが一人で長距離運転をするときには体が楽に思える。
深夜、仮眠のため駐車した磐越自動車道阿武隈SAは気温3度。東京も週末冷え込んだものの、ここまで寒いとは思わなかった。SAや沿道の桜はちょうど満開、東京より春が2週間遅いということか。

4月23日(土)午前9時本宮で釣友2名と合流、1台の車に乗り合わせ阿武隈高原を流れる渓流を釣ることにした。阿武隈高原は国道4号と6号に間にある高原地帯。標高はさほど高くなく、川は太平洋側に流れる独立河川と国道4号線方面に流れる阿武隈川支流がある。このため規模は小さいながらも、高原の田園地帯をながれる里川が多く車でポイントを拾いながらいろいろな渓流を釣り歩くことができる。
iwaki050402_006
天気は快晴、ただし風が強い。最初のポイントから風に悩まされるが、午前中に底が砂の浅いプールでヤマメのライズを発見し、ライズ拾いの釣りを楽しむことができた。サイズは20~23cm程度。
天気は一日もったものの午後からは風がさらに強くなり、釣りあがりに対しては魚の反応もなし、結局午前中のライズポイントに戻り、そこで数匹追加して納竿。前日からの冷え込みで魚の活性は落ちているのかもしれない。GWにはもう一度様子を見に行きたい。

|

« 週末 | Main | 山菜釣行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/3835918

Listed below are links to weblogs that reference 花見釣行:

« 週末 | Main | 山菜釣行 »