« 山菜釣行 | Main | 姫路の駅そば »

May 04, 2005

GW釣行

yozasa_050503
5月3日(祝)船橋の釣友Aさんから4年ぶりのお誘い、特に予定もなく過ごしていたので断る理由もなし。久しぶりにAさんと同行することになった。
Aさんの希望は浜通りだったが、4月の福島解禁以降僕は毎週のように行っていたので今回は近場の栃木県那須高原に行き先を変更してもらった。
午前3時半発、GWの渋滞も予想されたが、行きは早朝のため渋滞なし、午前6過ぎには目的地に到着。先行者がいないのを確認して3月に良型が出たポイントに入渓した。早朝の気温は5度であったが、好天のため日の出語はみるみる気温が上昇し、少しあるくだけで汗ばむ陽気となった。
当然渓魚の良反応が期待されたが、最初の入渓点ではまったく反応なし、1時間程度であきらめ上流にポイントを変えた。
上流部ではライズはないものの数投目から反応あり。ただしかなりプレッシャーが高くフライを突付いて反転するだけ。まったく反応なければすぐポイントをかえるが、竿抜けポイントを丁寧にながすと反応が続く。このため、昼過ぎまで釣りあがりを続けた。結局、一匹もフッキングすることなく終了。
午後は福島県に入り阿武隈川支流をいくつか見たが、ロッドは出さず、沿道の地そば屋で昼食をとり休憩。
夕方に福島・栃木県境を流れる小渓を試しAさんがやまめ1匹を釣ったものの、ハッチがあってもライズがみられない。ウグイの大群が産卵のためか浅場に固まっていたので興ざめし、昼釣ったポイントに戻ることにした。
イブニングは7時前まではライズがみられなかったため釣りあがりでこの日の初やまめ、坊主をなんとか脱出し、その後、2匹追加。ライズはフライが見えなくなるころにようやく堰堤したでみられ、2匹追加で終了。
帰りは高速渋滞を避け、国道四号バイパスを利用し、一般道で4時間弱で帰宅。
良天に恵まれたものの、良すぎる天気も釣果には考えものだった。

|

« 山菜釣行 | Main | 姫路の駅そば »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/3979437

Listed below are links to weblogs that reference GW釣行:

« 山菜釣行 | Main | 姫路の駅そば »