« May 2005 | Main | July 2005 »

June 26, 2005

裏磐梯尺いわな

6月25日(土)茨城県守谷市の釣り友とくりさんと裏磐梯へ再挑戦。前日午後11時出発、現地着は午前2時半。先週の好釣の再来を期待し夜明けと共に入渓するが反応は今一、20cm未満のいわな一匹のみ。
ookura1
午前8時、地元の大さん、宇都宮のホンダさんと合流。渓流といっても規模が大きいので4人同時に入っても十分釣りになる。僕と大さんはウエットで、ホンダさんとくりさんはドライで釣りあがり、いわな主体にぼちぼちというところだが、良形がまざらず。その後2人ずつにわかれ別々のポイントに入渓、上流部に入ったホンダさんとくりさんはかなりの数を釣ったそうな。下流部のウエットチームはあたりもほとんどなしで切り上げ。
前日夜出発でほとんど寝てなかったため、橋下の日陰で昼食を食べ昼ね準備をしようとしていたら、福島の釣友タムさんにばったり遭遇、「ちょうど良かったビール飲んで昼ねしようと思ってきたんですよ」ということで生ビールをご馳走になり、タムさんの釣り友も合流し、いつの間にか7人の賑やかなオフ宴会となってしまった。
iwana
4時過ぎまで昼寝をしたが、千葉からの遠征組以外は昼間もドライで良形のやまめ、いわなを出していたようだ。各々2人程度にわかれ5時すぎからイブニングタイム。僕は午前中に実績があった上流部にくりさんと一緒に入渓した。毛鉤に反応するのはしばらくはちび岩魚ばかりであったが、夕暮れ前の6時半ごろから24cm、26cm、27cmとだんだんとサイズアップ。良形いわなの引きを堪能することができた。最後、フライが暗さで見にくくなったため納竿前のラストトライで8番のホワイトウルフにチェンジ、数投で小さなあたり、魚を寄せようと思うとどんどん引きずられ、ロッドが弓なりに。ネットにいれようと思うとネットに入りきらない。ようやくの思いでランディングさせると一目で尺オーバーと解る大物。メジャーをあてると32cmあった。
ookura2

祝尺オーバー、、、、実はフライを始めて10年、一度も尺を釣ることがなかったんです。
記念すべき釣行となって満足な一日であった。一つこころ残りは尺いわな、写真を撮ろうとカメラの準備をしていたら、人跳ねでオートリリース、写真に納まることなく裏磐梯の渓に戻っていきました。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

June 19, 2005

釣果との引き換え

昨日の3週間ぶりの釣行は、思った以上の釣果で満足できたが、それに引き換えトラブル二件。

一件目は虫さされ、さされた時はブユかなとおもった程度で、すこしむず痒い感じ。イブニングを終え釣りの緊張感がほぐれ平静にもどったら、どうも右手がおかしい。よくみるとパンパンに腫れ上がり人差し指と中指がくっつかず、はしを握るにも難儀をする状況。今朝みてみるとさらに腫れはひどくなっていた。おもわず薬局でかなり高価な「ムヒアルファEX」を購入し、塗りこんでいるが、腫れ・かゆみともまったく納まる気配なし。どこか特効薬ありませんか~

二件目は、大事な大事なmiyuki-rodのテップを折ってしまったこと。渓流で足をすべらしロッドを落としてしまった。水から拾いあげ振ってみるとなんかおかしい、あっ、ティ・ティップが・・・
これで今シーズンはお気に入りロッドなしの釣りになってしまいます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 18, 2005

裏磐梯、久々の好釣

ookura
今日は久しぶりの釣行。行き先は先週風邪を引きいきそびれた裏磐梯。午前1時半近所の友達にピックアップしてもらい常磐道・磐越道路で磐梯熱海ICから夜間早朝は無料の母成グリーンラインを通り長瀬川水系の渓流を目指す。現地着は4時半、すでに夜は明け天気は快晴。こうなれば早朝が勝負とばかり早々に準備をして中ノ沢温泉近くの沢に入渓した。直後から反応はよくやまめが連続で3匹出てきたがやはり小渓で残っているのはサイズが小さい。いずれも20cm未満で型を見ることは出来なかった。

ポイント移動、前日福島の友達から好調との情報を聞いて入ったが、水が少ない。東京では週初から雨が多かったため、むしろ増水での良釣果を期待していたが、増水どころか平水の半分程度の流れだった。なかばあきらめ気分でめぼしいポイントだけ拾いつりをしていたところ、テトラの間の小さい流れ出しから、24cmの良型いわなが出てくれた。気をよくしてどんどん釣りあがっていったもののその後はふるわず午前終了。

iwana
午後からは本命のポイントに移動。長瀬川支流の中でも流程・知名度は群を抜く川ではあるが、最近はあまり良い話を聞かず、釣り人が遠ざかったいたような気がする。僕自身ここ3年以上良い思いをしたことがなかった。現地についてびっくり、餌師・フライマンと釣師の車がびっしり河沿いに止まっている。「この人じゃイブニングまで期待できないな」と思って昼食のカップ麺を食べ、この時間までまだ釣果の出ていない同行Hさんが釣ってるあいだ昼ねに突入した。しばらくうとうとしてるとHさんが戻ってきて「つれますよ」の一言。このピーカンの中釣れるの?と半信半疑でHさんが入ったポイントと同じところを流してみると数分で良型いわなが元気よく12番のパラシュートに出てくれた。魚の反応があると集中が途切れない、その後3時間程度釣りあがっていったが20cm超のいわなが飽きない程度の間隔で元気良く出てくれた。イブニング前には26cmの良型いわなも出て、久しぶりに裏磐梯の初夏を満喫できた。
 教訓:人がいるところは釣れる、釣れるから人が集まる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2005

夏風邪

先週末は梅雨の中休み、いつもなら絶好の釣り日和と福島方面に出かけるが、今回は不覚にも風邪をひいてしまい自宅療養となった。福島裏磐梯では毎年恒例のオフ会があったのに残念。これから梅雨の間は週末の天気を気にしながら釣行先を考える日々が続きそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »