« 米沢・喜多方・いわき820km | Main | 紅葉の渓流 »

September 27, 2005

米沢・喜多方・いわき820km(その2)

8月24日(土)二日目。午前5時起床、そのまま目の前のポイントに入れるのがうれしい。早速昨日ライズがあったポイントを探るが反応はなし、途中チャラ瀬で数匹反応があったが、フッキングに至らず。
幕営地に戻り朝食を食べ移動、今度は山形と福島県境の渓を目指したが既に先行者あり。そのまま県境を超え福島県入り、喜多方の渓流に入った。yonezawa_011
ここは山里の中を流れる小渓、昨年までは魚影がそこそこ見られたようだが、今回は反応が薄い。今年の豪雨で魚が下流部に流されたのかもしれない。案の定下流部では入渓直後にこぶりながら元気ないわなが出てくれた。yonezawa_040
その後、猪苗代町で地元の有名店「まるひ」のそばを食べ、本宮まで戻り昼には解散。シーズン最終日を楽しく終えることができた。
帰路は高速道路の割引時間帯が利用できないため、出来るだけ高速代を節約するために、一般道路でいわき市まで向かうことにした。いわきは僕が通いなれた渓流がいくつもあるところ。せっかく通るのだからポイントの様子をみてみようと立ち寄ってみたら雨で濁りがはいっていた。yonezawa_037
いわき到着時刻は午後4時。ちょうどイブニングタイム直前である。一旦ポイントをみてしまうとどうしても釣りたくなる。濁りのあるポイントから20Km田園地帯を移動すると去年シーズン終盤に楽しめたポイントがある。気がついたら車はもうそのポイントに向けて走っていた。yonezawa_034
現地に到着するとちょうど雨がやみ、濁りもなし。これはチャンスとばかり一旦片付けた道具をセットし入渓したのが5時すぎ。水は昼からの雨で増水気味だが、フライをゆっくり流せば良型やまめの反応がありそうだ。やや崩れたエルクヘアカディスを投げるとすぐに反応があったyonezawa_036
24cmのやまめである。予想どおり、期待どおりの結果に胸が熱くなる。その後2匹同サイズを追加して午後6時終了。最後は一人での釣りであったが、今シーズンを締めくくる最高の釣りができた。
今シーズンもたくさんの釣友にお世話になりました。ありがとうございます。オフシーズンは管理釣り場でわいわいがやがやみんなで賑やかに楽しみましょう。

|

« 米沢・喜多方・いわき820km | Main | 紅葉の渓流 »

Comments

今シーズンもお疲れさまでした。
結構、走りましたね。これでしたら来年は岩手
も行けるんじゃ?(笑)

Posted by: para-miyuki | September 27, 2005 at 01:44 AM

 ラスト釣行はまさに〆と言った具合ですね。
僕はラスト釣行をダラダラと延ばし、今日がホントのラスト釣行、日光湯川まで行ってきました。
好天の中楽しい釣りで今年を〆ました。

11月に管理で遊ぶ会があります。いかがですか?

Posted by: GEN | September 27, 2005 at 11:23 PM

para-miyukiさん、そうですえね。かなり走りました。来年は岩手挑戦しますよ。声かけてくださいませ。

GENさん、今日は天気よかったでしょう。涼しさを越えて寒くなかったですか?お疲れ様。
管理オフ是非参加させてくださいな。

Posted by: kebari | September 28, 2005 at 12:05 AM

11月のは第2週の土日、11/12~13でやります。場所は↓
http://members.at.infoseek.co.jp/wakagurinomori/

もし都合が付くようでしたら是非!

Posted by: GEN | September 28, 2005 at 09:22 AM

GENさんありがとうございます。昔高萩ふれあいには良く通いましたが、若栗はいったことないですね。是非参加させてください。

Posted by: kebari | September 28, 2005 at 11:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/6135768

Listed below are links to weblogs that reference 米沢・喜多方・いわき820km(その2):

« 米沢・喜多方・いわき820km | Main | 紅葉の渓流 »