« May 2006 | Main | July 2006 »

June 25, 2006

裏磐梯探釣

6月24日(土)今年二回目の会津磐梯方面。今回は前から気になっていた裏磐梯の小渓を目指すことにした。沢程度の細い流れになると先行者が入れば台無しとなるので久しぶりに前日夜出発し午前二時に現地に着いた。入渓点で車泊し午前5時入渓。予想に半して梅雨にもかかわらず減水気味だったが入った直後に25センチ程度の良形いわながでて一気に期待が高まった。ただ後が続かない。早々に川を変え別の沢へ。ここは反対に平水よりやや水は多め。初めて入ったポイントだが意外にヤマメの反応は良かった。午後からは川を変えたがあたりはいまいち。ちょうど福島の釣友二人が偶然出くわし夕方まで時間を潰しイブニング待ち。イブニングでは15センチ程度のいわながかなり出たが良形は24センチのいわな一本だけ。七時半納竿。
帰路猪苗代で喜多方ラーメンを食べ腹を膨らましたせいで運転中睡魔に襲われダウン。高速PAで休憩のつもりで横になり気がつけば翌日の朝八時だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2006

会津磐梯の渓

Bandai_002

6月10日(土)会津方面も雪代がおさまり待ち遠しいハイシーズンがやってきた。前日の雨で水量が心配されたが、8ヶ月ぶりに会津磐梯方面の渓流を釣ることにした。
午前8時現地着。水量はやや多い程度、入渓後すぐに現地で合流したホンさんにやまめがヒットするが、その後が続かず。先行者はいないと思ったが、早朝から入っていたのかもしれない。今まで当然のようにヤマメが出てきたポイントも反応うす。


Bandai_006
川を変え、新しいポイントに移動したが、渓流脇には山菜取りの車で駐車スペースを探すのも一苦労だったが、渓流には人は見かけなかった。入渓ポイントでいきなりホンさんに28cmのヤマメ。
同行者が良形を釣るとつい自分もとあせりが出るが、反応薄。でも出る魚は20cm超と決して悪くない。


Bandai_007
ようやく僕にも良形が出ました。小さな沢で試しにと落としたフライに食ってきた岩魚。まだ盛期には1~2週間早い感じでイブニングを待たず納竿、通勤割引と夜間早朝割引で磐越、常磐道を走り帰宅。往復600km。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 05, 2006

茨城県北の渓

6月3日(土)今週からは磐梯方面の渓と決めていたので朝四時半に出発、常磐自動車道をいわき方面に向かうが、途中水戸付近で強烈な腹痛に襲われPAで三時間近く動けなくなった。前日は仕事の飲み会で帰宅が11時、さすがに4時起きは体にきつすぎたようだ。
痛みがおさまったのが午前8時過ぎ、ノンストップで行けばとっくに目的地に着いてる時間。また痛みがぶり返すのが心配でどうするか散々迷ったが水戸南IC近くに管理釣り場があったのを思いだし、そこで10時まで時間を潰し10時開店のWild-1水戸店でフライマテリアルでも物色して帰ろうと方針変更した。
Okita_030
水戸南ICを降りてすぐに水戸南フィッシングエリアがある。ここは一度近くを通った時に見学しただけだか、二つのトラウト池は釣り人が少なくそこそこ遊べそうな印象があった。この日も釣り人は5人程度、フライマンは1人だけでフライを投げ込めばかなり釣れそうな気がしたが水が泥濁りで興醒めしたことと朝からだと時間釣りが出来なく丸々一日券を購入しないといけないことから管理釣り場は見送りにした。といってもWild-1も開店まで二時間待たなくてはいけない、結局は近場の茨城県北部大北川水系を見てみることにした。
Okita_028
水戸ICから一時間程度、茨城県では数少ない渓流魚を放流してる川だが、入渓予定地に着いてビックリ、入渓点には車がわんさか止めてあり、川を見ると餌釣り師が10メートル程度の間隔で竿を出している。運悪く漁協の成魚放流日に当たったようだ。フライで釣り上がりなんてするスペースは全くなく、放流区間を通過し上流部に行くもほとんどの入渓点で車が止まっていた。やむなく最上流に近い餌釣りの敬遠する平瀬の区間に入りこの日の一匹目を釣ることができた。その後ぼつぼつ釣れはするも渓流沿いの道路を他の釣り師が次々上がってきて上流部に入るためあたりは遠のき二時間程度で脱渓した。
Okita_024
前回まで良い釣りができたため、このままでは完全に消化不良で午後は福島県境を越え鮫川水系まで移動した。途中いくつか渓流を眺めながら走るが漁業組合が違うためどこでもというわけにはいかず二時間弱走り鮫川村から下流部へ移動していった。普段は入らない本流でたんねんに流し24センチのこの日一番のヤマメをあげ、支流部ではいつも通り20センチ前後のヤマメが飽きない程度の間隔ででてくれた。イブニングは大物ねらいで粘ったものの冷え込みでハッチもなくレギュラーサイズのみとなった。Okita_025

近場に行ったつもりが結局はいつもの距離を走って帰宅。今回は通勤割引ぎりぎりの八時前に高速に入ったたが、柏IC通過が10時を過ぎたため100キロ地点から後は夜間早朝割引となり前区間半額で走ることができた。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »