« 南会津二匹目の泥鰌 | Main | トラウトのパーフェクトフライ250選 »

July 30, 2006

南会津放流岩魚

Yunohana
7月29日(土)二週間ぶりの釣行。今回は横浜のアサやんと二人でどこか行こうということになっていたが、前日に急遽メンバーが増え、千葉から僕とサヨさん、横浜からアサやんが埼玉のナベさんをピックアップし、道の駅塩原で集合することになった。午前4時半、道の駅で一台に乗り換え向かうは南会津舘岩方面。僕は舘岩では良い思いをしたことが余りないが、今回はアサやんの地元の友達の情報があるとのこと。ここ数回は南会津で面白い釣りが出来ているので当然今回も大物の数釣りに期待が膨らんでいた。
現地着6時、舘岩村はちょうど夏祭りの開催日であったが、釣り人の姿はまだあまり見えない。水量はやや増水気味であったが、濁りはなくドライでも十分釣りにはなると思えた。朝一の人が少ない時にまず激戦区に入って4時間程度ポイントを変えながら釣りあがるが、期待に反し魚の反応は全くなかった。
さすがに夏休みで毎日のように釣り人が入り、入渓しやすいポイントでは釣り切られているのかもしれない。午前中は結局4人でチビ岩魚が1匹だけのお粗末な釣果となった。
舘岩村の食堂で早めの昼食をとり作戦の建て直し。前回大釣りが出来た桧枝岐に向かうことにした。舘岩と桧枝岐は漁協が違うがどちらも日釣り券は千円、今年から日釣りを2千円に値上げをした群馬の片品川比べるとそれでも安いかもしれない。ということで桧枝岐漁協の日釣り券を追加で購入し、前回のポイントへ移動した。
桧枝岐川の水量は下流部はまだ渡河に苦労する状況だが、上流部むしろ多めの水が次々に入る釣り人の気配を消してくれる適水量といったところ。入って驚いたのがウェーディングで進む毎に魚が走る魚影の濃さ。ただ先行者がかなり入ったようで、魚は走るが岩の下から走り出す様子で、流れに定位している魚はポツポツといったところ。丹念に探っていくと流れのゆるいところに固まっている岩魚の魚影を確認できた。
釣り上げてみるとサイズは24~25の良形ばかりだが、どれも鰭が丸い。まさに放流直後の岩魚で一定ポイントでは投げるフライに次から次とフライを加え動けなくなってしまった。
結局夕暮れまで同じポイントに釘付けとなり、午後は岩魚爆釣気分を味わうことができた。多分次回訪れた時には魚は全部釣り切られているだろう。たまたま放流ポイントへ入れたため、久しぶりにお気軽な釣りをのんびり楽しむことが出来た。午後7時には納竿、木賊温泉で汗をながし、午前12半無事帰宅。

Banner_03_1人気blogランキングへ

|

« 南会津二匹目の泥鰌 | Main | トラウトのパーフェクトフライ250選 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/11166057

Listed below are links to weblogs that reference 南会津放流岩魚:

« 南会津二匹目の泥鰌 | Main | トラウトのパーフェクトフライ250選 »