« 阿武隈高原尺やまめ | Main | 僕だけの渓 »

September 24, 2006

桧枝岐釣り人ラッシュ

P9230024
9月23日(土)シーズン禁漁まであと1週間。今回は会津方面の仕上げとして桧枝岐、舘岩村への釣行とした。22日夜9時半出発、首都高速で板橋区のnobuさんをピックアップし東北道へ。那須塩原ICから一般道で桧枝岐へ向かう。午前6時には車泊地の尾瀬沼高原駐車場にどんどん釣り人の車が入ってくる。
さすが有名河川には人が集まってくる。先行者が入る前に入渓するだけの気力はなく、ゆっくりと朝食をとり、入漁券を買ってから前回釣行時の入れ喰いポイントを探ってみた。
すぐにいわなが出てきたが前回同様、胸鰭のまだ成長していない生簀での養殖いわな。しかも前回よりサイズダウン。坊主よりましといいつつも、やはり綺麗ないわなが釣りたい。ただ1時間ほどで気づけばまわりには餌師、ルアーマン、テンカラ師とどんどん人が入ってくる。これだけ人が入ってもつれるのはやはり放流のおかげ、贅沢は言えないと自らをなっとくさせポイント異動をした。
早めの昼食は桧枝岐の裁ち蕎麦、いつもの蕎麦屋で大盛りを食べ、しばし休憩。午後からは支流部をみてみることにした。支流にはいってもポツポツとつれるものの、相変わらず、鰭丸いわな。しかも数十分釣りあがっただけで先行者に追いつくわ、上流から餌師が釣り下がってくるわで、魚をみるより人とすれ違う方が多い。
06071515ca330004_1
3時過ぎにはラッシュのなかでの釣る気が失せ、舘岩村の木賊温泉露天風呂に入ることにした。
木賊の露天風呂は川の脇から湧き出る天然露天風呂、硫黄臭がわずかにある野趣満天の共同混浴風呂。幸か不幸か、女性が二人入浴していた(年齢はノーコメント)。風呂上り後、温泉の周りを釣ってみる。1時間ほどつりあがり5時ごろに発見したライズで鰭ピン岩魚を釣り上げ納竿とした。

Banner_03_1人気blogランキングへ

|

« 阿武隈高原尺やまめ | Main | 僕だけの渓 »

Comments

kebariさん、何から何までお世話になりありがとうございました!
温泉も入渓場所も一緒に連れて行っていただいたおかげで本当に楽しい釣行になりました。
これからのシーズンは、男だけキャンプや本栖湖にもぜひ行きたいですね。
またよろしくお願いします(^^)v

Posted by: Nobu | October 03, 2006 at 08:19 PM

焚き火キャンプ、止水のFFいいですね。是非行きましょう。
よろしくお願いします。

Posted by: kebari | October 03, 2006 at 11:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/12128840

Listed below are links to weblogs that reference 桧枝岐釣り人ラッシュ:

« 阿武隈高原尺やまめ | Main | 僕だけの渓 »