« あと3回 | Main | 桧枝岐釣り人ラッシュ »

September 18, 2006

阿武隈高原尺やまめ

P9160005_1
9月16~17日禁漁まであと2週間、阿武隈高原と那須の渓流を釣り歩いた。16日午後、黄金色に輝く田園地帯をながれる小渓からでたのが、31センチの尺やまめ。やまめでは過去最高のサイズを釣ることができました。
16日朝3時自宅出発、午前5時に宇都宮のホンさんをピックアップし、東北道を北に向かう。白河から郡山をとおり、阿武隈高原へ向かう。今回の目的は春から初夏のかけて好釣できたポイントを車で釣り歩くこと。現地についてみると前週雨が続いたせいでかなり増水している。ドライでは魚が追いきれるかやや不安であったがとりあえず入渓し、つり上がっていった。春と違い秋は激渋。一般的にどこの渓流でもいえることだか、魚影は薄くなかなか反応がでない。同行のホンさんが、昼すぎに29センチの良形山女をようやく上げたが僕には全くあたりなし。いや正確にいえば木っ端やまめは何匹か上げているがこんなの数にいれたくない。「今日は坊主確定」とぶつぶついいながらも、ろくに昼もとらずただキャストを続けていた。P9160008
「次がダメならもう川を変えましょう」といった午後2時過ぎ、村中の細い流れに大きめのエルクヘアカディスを投げたところいきなり「ガボッ」と大きなあたり。その後ぐいぐいとロッドがまがり魚は下流部に一気に走りだした。「これは大きい」と思ったものの26センチくらいかと思っていた。あまりの引きの強さにスレ掛かりかと思ったが、きちんと口でフライを加えている。50mくらい下流にくだり要約ネットに入ったのが31cmの見事な尺やまめだった。P9160007
その後、川内村にある日帰り温泉「かわうちの湯」で汗をながし浜通りで車中泊予定であったが、翌日の天気予報が雨。雨の中の釣りは避けたかったので、雨の確率が比較的低い栃木県那須方面へ大きく移動することにした。那須では道の駅友愛の森で車中泊。翌日は那須高原の別荘地内の小渓を探り、昼過ぎには納竿した。

Banner_03_1人気blogランキングへ

|

« あと3回 | Main | 桧枝岐釣り人ラッシュ »

Comments

凄いなー
尺ヤマメはうらやましいです。
最終日はウチに来なくて正解だったみたいです。
ウチの方は1日頑張って数えるほどしか釣れてませんし、
型は望むべくもありませんでしたから。

Posted by: GEN | October 04, 2006 at 04:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/11950038

Listed below are links to weblogs that reference 阿武隈高原尺やまめ:

« あと3回 | Main | 桧枝岐釣り人ラッシュ »