« 紅葉の奥日光湯川 | Main | 筑波山登山 »

October 31, 2006

日光男体山登山

Pa280051_1

10月28日(土)かっての釣り友しおさんは4年前から登山を始め、最近は釣りにさそっても全く乗ってこない。そのしおさんに頼みこんで紅葉見物がてら日光男体山 2486mの登山に連れていってもらった。 
男体山頂へは中禅寺湖畔の二荒山神社から登るルートと反対側の志津乗越から登る二つのルートがあるとのこと。今回は標高差が500mほど少なくてすむ志津乗越から登ることになった。ネットで調べたら二荒山神社からのルートはもう終わっているとのことであったが、あとで解ったことだが山頂に上ったら80歳くらいの老人がこのルートで足取り軽く登ってきていた。
前日夜11時自宅を出発、高速の早朝深夜半額割引を利用し午前2時ごろ光徳の駐車場へ行きそのまま仮眠、朝6時に志津乗越へ行き駐車。そこから志津小屋までは楽な道だったのでハイキング気分であったが、そこを越えたとたん、急な勾配。有名な山だから「尾瀬沼ハイキングを少しきつくしたくらい」と勝手に思っていたが、大きな間違いで10分もしないうちにもう息絶え絶え状態だった。延々と続く急坂、しかも道はかなり荒れ、両手で木の根をつかんで這い上がるような場所が限りなく続く。標準的なコースタイムは2時間半となっていたが、それよりはややハイペースな状態で2時間程度で9合目に到着し、そこからはゆるやかな道を展望の開けた稜線を歩いて山頂についた。
山頂ではややガスが出て見晴らしが一部途切れていたものの、富士山がはるか雲の上にぽっかりと浮かんでみえ絶景を堪能することができた。多くの人が山を目指す気持ちが少し理解できたような気がする。
くだりは1時間半程度。時間は短いものの「こんな急坂を上ってきたの」とあらためて荒れ気味の道を踏みしめながら下山した。登山口到着は12時過ぎであったが、渋滞を避けるためそのままいろは坂を下り、日光市内の日帰り温泉に浸かり、一般道で帰宅。心配したほど疲れは出ず、翌日には本屋で登山の本を買い求め次の山へ想いをめぐらしていた。

Banner_03_1人気blogランキングへ

|

« 紅葉の奥日光湯川 | Main | 筑波山登山 »

Comments

こんばんわ

先日はお疲れ様でした。
やや雲が多かったけど、普段見ることの出来ない「上から見る奥日光」が良く見えたので、よかったです。富士山も見えたし・・・

しかし山頂にいた老人は元気でしたね!

ではでは

Posted by: しお | November 01, 2006 at 10:50 PM

案内ありがとうございました。本当に良い体験になりました。この週末は筑波山でトレーニングするつもりです。

Posted by: kebari | November 01, 2006 at 11:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/12495365

Listed below are links to weblogs that reference 日光男体山登山:

« 紅葉の奥日光湯川 | Main | 筑波山登山 »