« 07渓流解禁 | Main | 福島解禁 »

March 17, 2007

栃木県荒川C&R区

Ca330061
3月17日(土)今日は栃木県鬼怒川漁協管内の荒川のキャッチ&リリース区に釣行。横浜のアサさんがわざわざ松戸の自宅まで向かえに着てくれ午前6時出発、一般道路を16号4号バイパスと進み、宇都宮市内から塩谷町玉生に午前9時半到着。現地の釣具屋で鬼怒川漁協の年券を購入し、入渓。
釣人はC&R区のみフライ、ルアーマンが10人程度。C&R区以外はもう魚が釣りきられている雰囲気で餌師は殆どみかけなかった。実際にC&R区以外の場所に入ってみたが、ライズなし、ニンフでつりあがっても魚の反応はなし。やはりセオリーどおり「人のいないところに魚影なし」かも?次回放流が3月下旬と4月下旬になっていたので放流日まではしばらく釣り人が少なくのんびりできるのかもしれない。
C&R区ではフライマン、ルアーマンが入れ替わり立ち代りでかなりの魚はプレッシャーを受けている。ライズにフライを流してもかなりセレクティブで、強風でティペットをあまり細くできないなかで、フライサイズを落とし、風波のなかでミッジサイズのフライを追い続けなければならない。
100_0008_1
気温は4度程度、昼前には日が差して風がおさまったタイミングでようやく20cm超の良型1匹を釣ることができた。そのほか5匹くらでたが、フライをくわず、あわせ切れも2本、かなり厳しい釣りを強いられた。同行のアサさんはこの時間帯に別のポイントで連続して20~25cmサイズを釣り上げていた。
午後からは風が強まり田川に移動。強風は変わらずごくまれにライズはあったものの、フライには反応なく午後5時納竿、宇都宮の「ろまんちっく村」で温泉に入り、一般道路で帰宅した。
鬼怒川漁協は放流量が多いがその分人も多い、プレッシャーの高い魚とのやりとりを楽むつもりででかけないと痛い目にあいそうだ。漁協の放流箇所、放流量は漁協のホームページに詳細に記載されている。

|

« 07渓流解禁 | Main | 福島解禁 »

Comments

ここには、この前僕の知人が行って、やはり苦戦したようです。
C&Rの所はスレまくりで、それ以外の区間は居ないっていうんじゃあ
なんだか遠くから来た甲斐が無いですねぇ。

僕はこの週末は大人しくしてます。
来週から暖かくなるみたいなので、来週は行きたいなー

Posted by: GEN | March 18, 2007 at 10:06 AM

スレてる分、やりがいありますよ(^^;
簡単につりたいときは放流日なんでしょうね。
管理釣り場並みの混み具合かもしれませんが。

Posted by: kebari | March 18, 2007 at 05:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/14296652

Listed below are links to weblogs that reference 栃木県荒川C&R区:

» 一部で話題の [日々雑々]
 インフルエンザで先週1週間を棒に振ってしまったわけですが、その間に知人のBlogやらHPを見ると結構釣れてる。週末はまだ病み上がりって感じだったし、気温も低いから行こうって気にならなかったんだけど、昨日になるとさすがに復調してきてるのが実感出来、こうなるとどうにもウズウズソワソワ・・・・・あ、明日は火曜日。ってことはakioさんが休みだからどこか行くな。じゃあそれに合わせて行ってしまおう!  akioさんに連絡してみると、NZから帰国したばかりの銭人さまも行動を共にするってことで、じゃあ栃木行き... [Read More]

Tracked on March 20, 2007 at 09:14 PM

« 07渓流解禁 | Main | 福島解禁 »