« 福島県北釣行 | Main | 裏磐梯山菜釣行 »

May 06, 2007

GW釣行、福島県北、裏磐梯

2007_05050023
5月4~5日GW釣行第二段。今回も初日は阿武隈高地の渓流を釣ることにした。GWの高速道路渋滞が予想されたので4日午前3時、早めの出発。午前5時に宇都宮のホンさんをピックアップし、宇都宮ICから高速に入り福島県須賀川ICで高速道路の通勤割引時間が始まる午前6時丁度に料金所を通過、そこからは一般道路を走った。現地着は午前7時半でドライフライにはやや早い時間と思われたが、田植え準備の掻き代で濁りが入る可能性があったので早めに入渓した。ここは去年秋に31センチのヤマメが釣れたポイント。去年の尺山女が残っていないか期待をして釣りあがるが、世の中そんな甘くない。田植えの揚水で水量がすくなく魚はかなり敏感なので細い田の中を流れる沢にロングキャストでフライを落とさなければならないので誰でもが釣れるポイントとは言えないかもしれない。そんななかでも飽きないくらいの間隔で20センチ前後のヤマメが反応してくれた。1時間くらいで農家の作業が始まり、濁りが入ってきたので一旦退渓し、濁りのない上流部に移動した。
2007_05050031
次のポイントは上流部ではあるが、両面護岸で集落の中を流れている。梯子で川におりロングキャストで落ち込みを中心に狙っていった。ここもやや濁りが入っていたものの、大きめのフライを流してやると底からヤマメがフライを引っ手繰るように出てきてくれホンさん、僕の二人とも25cm前後の良型を釣ることができた。午後まで他に釣り人がいない里川でのんびり釣りあがったがもともと丸々一日釣り上がる程の流程もない小さな里川なので、3過ぎに川を移動することにした。
2007_05050037
次の目的地は東北自動車道路を基点とすると西側の正反対にある裏磐梯。GWの交通量が多い土湯峠を越えて裏磐梯に入った。時間は4時過ぎとなっていたのでこの日の最後の入川。当日は真夏を思わせる気温だったので一部の川では雪解け水が入りドライの釣りが出来る状況ではなかったが、比較的水量の少ない川を選んで入った。1時間程度でホンさんは数匹のヤマメを釣ったようだったが、僕は水量の多さで少しフライを流しただけですぐに止めてしまった。あとは温泉に入り猪苗代町で夕食をたべ、町の駐車場に車を止め車中泊をした。
Ca330073
翌日は朝一番から雪代の影響を受けない小渓に入渓、水量はそこそこだったが、魚の反応は今一。やはり入渓時間が早すぎるのかもしれない。午前迄釣って小ぶりのヤマメ数匹という釣果、昼は猪苗代町の有名そば屋まるひでもり蕎麦を食べ、白河市へ移動。阿武隈川本流を釣るつもりであったが、さすがに有名ポイント、餌師、ルアーマンが沢山はいっている上、やはり田植えの影響で本流も笹にごりであったため、渓流ガイド本を頼りに近くの支流に入ってみたが、渓魚の反応はなし、良型カワムツ二匹を追加して午後4時ごろ納竿とした。帰路は一般道路で宇都宮経由、国道4号線バイパス、帰宅午後9時前には到着した。

|

« 福島県北釣行 | Main | 裏磐梯山菜釣行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/15053901

Listed below are links to weblogs that reference GW釣行、福島県北、裏磐梯:

« 福島県北釣行 | Main | 裏磐梯山菜釣行 »