« 福島浜通り室原高瀬川水系 | Main | 会津磐梯+α »

May 27, 2007

阿武隈高原・裏磐梯

Keiryuu_004
5月26日(土)久しぶりの単独釣行。今日は一人での運転なので近場?の阿武隈高原を見てみようと午前4時45分出発。常磐道いわきから磐越道に入り、小野ICから阿武隈高原へ入っていく。目的地は前週の爆釣ポイント。現地着8時。初めての人が見るとこんなところで釣れるの?と思うような何の変哲もない水田地帯を流れる里川だが、ちゃんと地元の餌釣師が竿をだしている。鉄則「地元(たいていはスーパーカブに乗って来ている近所の人)が釣りをしているところは、必ず釣れる」。一方首都圏ナンバーの車ばかり停まっているところは、仮に魚がいてもなかなか釣れない。特に小渓で同じフライマンが入れ替わり立ち代り入っているところはかなり魚のプレッシャーが高く難易度が高いとみた方が良いというのが僕なりのセオリー。
Keiryuu_001
ということで地元の餌師さんとポイントを分け、下流部の方に入ることにした。
入渓第一投目、やっぱり出た~、24cmはある鰭ピン山女。フライをはずし、リリースした後第二投目、やっぱり出た。こんな調子で10時まで2時間くらいイワナも混じり20匹程度。サイズはいずれも20cm超の良型。ピーカンの晴天のせいか、朝の餌師が入ったところだったのか10時過ぎには当たりが遠のいたので、70km移動し裏磐梯に向かった。

Keiryuu_008
裏磐梯は根曲がり竹の最盛期、山には山菜取りが沢山入り、川も先行者の車が停まっていた。この時間から先行のいないポイントはないと思ったので、できるだけ底石が多く、水量のある区間を釣ったところそこそこのあたりはあり、夕方まで楽しむことができた。この日は朝からかなり釣ったのでイブニングをせず5時には納竿、帰路についた。日帰り往復600Km。

|

« 福島浜通り室原高瀬川水系 | Main | 会津磐梯+α »

Comments

kebariさん、ご無沙汰しております。
GW後半はNobuさんと恒例の安達太良CAMP&FFを愉しみました。
Nobuさんよりkebariさん達が昨年のようにキャンプ場に寄るかもと
聞いていたので、久しぶりの再開を楽しみにしておりましたがお会い
できず残念でした。
精力的にあちこちの渓で良い釣りをされていますね。
”フライを乾かす暇がない状態”というのを未だ経験したことがないので、
羨ましい思いで拝見させてもらいました(笑)
小生、今シーズンよりFFレポートをブログにしてみました。
kebariさんのブログをリンクさせてもらってよろしいでしょうか。

Posted by: Upapa | June 02, 2007 at 10:53 AM

ご無沙汰してます。リンクの件了解しました。
また機会がありましたらご一緒させてください。
たまには西の方も行ってみようかなと思ってます。

Posted by: kebari | June 03, 2007 at 11:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/15218973

Listed below are links to weblogs that reference 阿武隈高原・裏磐梯:

« 福島浜通り室原高瀬川水系 | Main | 会津磐梯+α »