« ニューロッド | Main | 岐阜県高山飛騨川水系 »

August 26, 2007

阿武隈高原釣り歩き

Abukuma_019 8月25日(土)酷暑が続くなか標高の高いところへ遠出を考えていたが、近所の同行予定の釣友がキャンセルとなったので単独釣行。ということで行き先はいつもの近場?阿武隈高原。前日夜10時に出発、磐越道路差塩PAで車中泊し、午前4時半起床。磐越小野ICより阿武隈高原入り。現地着は5時であったが、いつも良形が出てくれるお気に入りポイントに大宮ナンバーの餌師が入っていた。ショック、、、前回も餌師に遭遇したが、この時期にこの場所で他府県ナンバーの釣師にあうことは珍しい。キープ数が1匹でも少ないことを祈りながら、下流部に移動し入渓した。

今回はおニューのロッド「 Campanella4763RW」の筆おろし。ミディアムアクションということであったが、前回まで使っていたシマノフリーストンSCL7063がかなりスローアクションでかつ長期使用で腰がなくなっていたためか、ラインを通して振ってみると結構ファースト気味をいう感じをもった。第一印象は「軽い」の一言、アクションに張りがある分ショートレンジでテンポよくフライを投げることができるが、遠投も楽になったように思う。

Abukumayamame 肝心の魚は数投目でヤマメが素直にでてくれた。ただサイズが小ぶりで15cm程度。ここは25cmクラスがかなりいた場所だが、その後でるのもほぼ同サイズ、最大20cmとサイズ的には不満が残ったがこの時期、釣れただけでもましというところかもしれない。午前7時過ぎにはピーカンで日照りとなったのでこの川をあきらめ峠を越え川内村へ20キロ程度移動した。この時点で釣果はヤマメ5匹。いずれも20cm未満。

次のポイントは初めての川、日陰となる林間の流れを選び入渓。渓相は立派な山岳渓流であるが、阿武隈高原の流れの大部分がそうであるように底にはかなりの砂が堆積している。幸い夕立のせいか水量は多くやや濁り気味であったため、魚のプレッシャーはそんなに高くなかったようだ。このポイントでヤマメ、イワナ各一匹を追加し、午後1時。昼食のため退渓し、小野町のお気に入りの蕎麦屋「拓」で昼食をとった。

昼食後はいわき市に移動、鮫川水系の支流の源流部から入り、ヤマメを5匹追加するもここでも20cm未満。大物を狙い過去実績のある堰堤下でイブニングまで粘ったがいずれもレギュラーサイズ。7時納竿、いわき湯本ICより帰宅。走行きょり往復550キロ。

|

« ニューロッド | Main | 岐阜県高山飛騨川水系 »

Comments

先週の地元は、イマイチでした。
季節的に数が減ってきてるうえに、
増水やら朝の冷え込みやら先行者やらでダメダメでした。

今週末は岩手なので、気張ってきます。

Posted by: GEN | August 28, 2007 at 08:56 AM

奥只見は行かなかったんですね。
私も未知の地ですが千葉からだと相当遠いですよね。
やはり、勝手知った渓は裏切りませんね。
初めての渓は期待も裏切りも紙一重です。

Posted by: para-miyuki | August 28, 2007 at 09:49 PM

GENさん岩手いいですね。僕みたいに近場でもあちこちつり歩いてたら岩手まで行ってしまうかも。今シーズンは無理でも来年は是非計画してみたいです。
para-miyukiさん、いつも良い釣りですね。僕はだんだん惰性になってきたので、この週末はどこもいかず久々に休むつもりです。さすがに体力的につらくなってきました(^^;

Posted by: kebari | August 28, 2007 at 11:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/16241714

Listed below are links to weblogs that reference 阿武隈高原釣り歩き:

« ニューロッド | Main | 岐阜県高山飛騨川水系 »