« August 2007 | Main | October 2007 »

September 24, 2007

奥只見、北信濃千曲川水系

2007年ラストスパート、9月22~23日の連休を利用して一泊二日で奥只見、北信濃方面の渓流を釣ってきました。さすがに有名河川激戦区、特に2日目の千曲川水系では限りなく源流部に入ったものの有名河川だけあって我々同様最後の渓流釣りということでいたるところ先行者、釣れるには釣れたけれど小型ばかりで秋の厳しい釣りを強いられました。

Saisyu_002_2

初日最初の目的地は奥只見の渓流、車止めのゲートから林道を1時間半、かなりの釣果が期待できるとの情報で大汗をかきながら入渓点まで歩き入ったものの、20cm未満のいわなが数匹だけ。脱渓して少し下るとマウンテンバイクが2台。。。先行者に入られてました。どうりで反応が鈍いはず。

Saisyu_006

Continue reading "奥只見、北信濃千曲川水系"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2007

山形県南、最上川水系

Okitama_017

9月15日(土) 山形県南~福島県奥会津の渓を釣り歩いた。14日金曜午後10時過ぎ自宅発。東北道宇都宮ICで途中下車し、ホンさんをピックアップ。白河ICから一般道で喜多方へ。午前4時喜多方の道の駅「喜多の郷」で車中泊。午前7時に置賜地区の最上川水系の渓流に入った。本流筋は増水でフライでは攻めにくいため上流部まで様子を見ながら車を走らせ、沢を見つけ入渓した。数分で魚の反応はあったがサイズは今一、我慢をしながら「熊注意」の看板を横目に30分程度釣りあがっていきようやく良形のヤマメ、イワナが出てくれた。初日は同地区の支流群を車でポイントを拾いながら釣り歩き午後6時納竿。県境を越え福島県側に戻り熱塩温泉で汗を流し、道の駅「喜多の郷」で車中泊。

Okitamayamame

翌日16日は会津坂下から只見川沿いに南下し、只見川支流に向かう。2時間程度ポイントを探しながら走ったため入渓は午前9時過ぎ。渓流ガイドにも殆ど紹介されない小渓に入り、ようやくあたりが出た。魚影は少ないもののその分良形がそろい、二人で27~25センチ程度のヤマメ、イワナを二桁程度釣ることができた。その後帰路につき途中、昭和村内の渓に入った。ここは魚影は濃いものの、10センチ未満の木っ端ものばかり、5時前に納竿し、途中塩原温泉「華の湯」に浸かり帰宅。往復850Km

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 12, 2007

岐阜県高山飛騨川水系

Kisogawa_001
9月8日(土) 首都圏直撃の台風が金曜日、金曜夜の天気予報では土曜日は台風一過の晴天であったが、ニュースで見る北関東・東北地方の河川は軒並み洪水警報が出て泥にごりの大洪水。この週末の釣りは殆どあきらめていたが、府中の釣友から携帯にメールが、、、「岐阜県は濁りもなく平水みたいだよん」
この一行メールで土曜日の予定は決まり。金曜夜11時に出発、調布ICを降りて12時過ぎにBさんをピックアップし、中央道でひたすら西へ。伊那ICをおり高山方面へ80キロ近く。目的地は去年Bさんが同じ時期に爆釣したという飛騨川支流、片道360km、現地着は朝4時だった。

国道沿いの道の駅で1時間仮眠、午前5時過ぎに入渓。渓相は抜群だが、大雨台風に見舞われた関東とはまったく違いこちらは渇水気味。早朝といっても減水状態では反応が鈍い。数投してすぐにあたりはあったものの、フッキングせず、10分程度でようやく出たイワナは10センチ強の小物だった。その後も2時間程度釣りあがったものの出るサイズはいずれも10~15センチ程度。大物狙いではるばる岐阜まで来たものの期待どおりとはいかなかった。Kisogawa_003
ポイントを変えやや水流のある下流部では先行者が数名、それでも竿抜けポイントを狙ってようやく20cm超のイワナが出てくれた。ただし、せっかくの良形もネットにおさまるまえにオートリリース、なかなか思ったような釣りをさせてくれなかった。昼まえに本流をあきらめ支流に入渓、これが効を奏してようやく良形の朱点の映えるアマゴをネットにいれることができた。

ようやくまともなサイズを釣ることが出来たので小一時間昼寝、同じ渓でイブニングまで粘ればきっと大物が出ると思ったが、日帰りで夕暮れ後同じ距離を走るのはかなりつらい距離。往路通過してきた渓流を探釣しながら帰路につくことにした。当初は飛騨川水系を釣り、峠を越え木曽福島からは木曽川水系の支流が流れている。いずれも初めての川なのでどこが良いのか皆目検討が着かなかったが、長年の勘で大体入ったところで魚の反応は見ることができた。ただしいずれも出てくるのは小物ばかり。午後6時になり国道沿いの入退渓が容易な荒瀬で最後の期待をしてイブニングを迎えようやく20cm超のイワナを数匹追加して納竿した。現地発午後7時、自宅着11時。帰路はかなりIC近くまで戻ってきていたのでスムーズに帰ることができた。往復760Km。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »