« ポタリング | Main | ヤマメの代償「阿武隈高原〜浜通り」 »

April 04, 2009

09年渓流解禁

Ff08_004 2009年の渓流フライフィッシングのシーズンスタートは福島県浜通りの渓流から。4月4日(土)釣友アサさんとナカさんとの三人で午前5時出発、高速代の値下げの恩恵を受け通常3900円のところ1300円でいわき湯本ICへ。

午前8時には福島解禁に最初に入るいつもの渓流のいつものポイントに到着した。朝の気温は12度、日差しはないが寒くもなくまずまずのコンディションとなった。ドライフライへの反応は入渓直後からあり、釣り上がるにしたがってライズも確認できる。午前中4時間程度で既に10匹近いヤマメが元気に飛び出してくれた。

例年の解禁後初の週末とは違い釣り人を見かけることが少ない。みんな一体どこにいったのかと思うくらい我々3人だけでどんどん上流まで釣りあがっていくことができた。

Ff08_008 午後は上流部へどんどんあがっていったが、さすがに上流部へ行くに従い数はでるものの、サイズが小さくなってきた。なんとかイワナにも会いたいと思い最上流までつりあがったが今日はヤマメだけだった。

3時過ぎには、入漁券を購入したときに漁協の組合員から聞いた放流地点へいってみた。ここは今まで入ったことがないかなりの下流部。渓流ガイド等では今まで紹介されたことのない区間で釣り人もあまり見かけたことがなかったが瀬が続くいかにもフライ向きの流れ。三人で入っても十分な広さで、1時間程度フライを流したところ各々に20センチ程度のヤマメ数匹を追加して納竿することができた。解禁初日としては上出来、楽しい釣りができた。

|

« ポタリング | Main | ヤマメの代償「阿武隈高原〜浜通り」 »

Comments

HONOさん、ちゃんと福島解禁には釣に行ったのネ。
これぞ正しい釣師の姿です(笑)
ちなみに私は未だに釣りに行っていません。
最近はロッドの振り方も忘れた感じです ^^;
そろそろ出撃せねば!と思いつつも週末は不健康なお仕事に精を出している訳で・・・
とは言え、GW頃にはボチボチ復活できそうです。

Posted by: 「大」@安達太良山麓 | April 05, 2009 at 12:02 PM

大さん、ほんと忙しそうですね。僕も丁度一年前は釣りどころではという感じでした。でもやっぱり自然のなかで一日歩くのはいいですね。新緑のころご一緒できそうですね。よろしくお願いします。

Posted by: kebari | April 05, 2009 at 10:20 PM

はじめまして!
解禁直後はやっぱりアツイですね☆

イワナと会うことができなかったのは残念でしたが、次回の釣行記事で楽しみにしています~^^

Posted by: Gyonet編集部 | June 17, 2009 at 09:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91571/44567426

Listed below are links to weblogs that reference 09年渓流解禁:

« ポタリング | Main | ヤマメの代償「阿武隈高原〜浜通り」 »