September 26, 2011

いわき市の渓流

いわき市の渓流
9月25日今シーズン初のいわきの渓流。例年だと4月解禁と9月シーズン最終日はいわきと周辺の阿武隈高原の渓流と決まってたが、今年は解禁直前の震災と原発事故でなかなか行く気になれなかった。敬遠してたわけではないが「被災地=釣りどころじゃない」という発想があったのかもしれない。シーズンの締めはやはりいわき。友達からの提案で「いつもの渓」に出掛けたくなった。生憎木曜日の台風で増水、濁りもはいり本流はかなり厳しい。でも勝手知ったる通いなれた「故郷?」の渓、増水でも濁りの入らない沢を選んで釣り上がっていった。最初はなかなか反応がなく魚が流されたんじゃない?とか思いながらキャスティングを続けていたが、いくつか沢を変えたところでようやくいわな、やまめが出てくれるようになった。サイズは大きくはないが夕方までには二桁の釣果、いつもどおりのいわきの渓流を楽しみ今シーズンを締めくくることができた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2011

釣れたのは良いけれど、

釣れたのは良いけれど、
9月17日こんなふうになっちゃいました。下郷から昭和町、南郷へ移動する途中、カップ麺で昼食をとり友達に運転を替わってもらってすぐでした。車種に慣れないせいもあったのか一瞬の気の緩みで対向側のガードレールに激突、ガードレールを越え谷に落ちる寸前で止まっくれました。二人とも怪我はなし、不幸中の幸。車は大破し走行不能、携帯圏外で助けも呼べず通りがかりの車に警察、レッカー手配をお願いし5時間後に車をレッカー移動し会津下郷町の修理工場へ運びこまれました。湯野上温泉に泊まり翌日自宅から別の車で260キロの距離を迎えに来てもらいなんとか帰宅、、とにかく怪我もなく帰れてよかった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

日光、会津方面

日光、会津方面
9月17日鬼怒川水系。会津方面への途中で朝一番に入渓、いつものポイントでためしにやってみたら数投目でヤマメがでてくれた。幸先がいいはずでしたがこの後が、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 31, 2011

新潟県魚野川支流

新潟県魚野川支流
7月27日この時期はやはり難しい。前日雨で増水気味。この時期にしては餌釣り師も多く狙いのポイントには先行者。川を変えようと南魚沼市の支流をいくつか見に行ったが7月豪雨の後遺症は凄まじく、葦や樹木が跡形もなく流され川すべてがゴーロ状態、水もいまだに真っ白の泥濁りでした。今シーズンはかなり厳しいと思いますよ。魚野上流に釣師が多かったのは他の有望河川が釣りにならなかったからかもしれません。一日粘っていわな、やまめ5

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 18, 2011

今日は尾瀬の麓、檜枝岐村

今日は尾瀬の麓、檜枝岐村
7月15日夜10時半出発、先週良い思いをした栃木県男鹿川支流を目指したが道の駅で泊まり早朝に着くと餌釣り3人が車を停めて寝ていた。「ここは僕らが入るよ」といわれ諦めて別のポイントへ。イワナ一匹でカンカン照りとなったので、更に車で走り南会津へ。南会津では伊南川をドライフライで釣り上がりヤマメ、イワナ数匹を追加。しかし暑い、昼は尾瀬の麓、檜枝岐村でそばを食べ温泉、昼寝。夕方キャッチ&リリース区を釣るも人が多い。イワナがぽつぽつでたがいずれも20センチ未満。人の多さの割には今年の放流は少ないようで回りを見ても余りロッドは曲がってなかった。ミニ尾瀬公園駐車場で車中泊、翌日早朝入渓するも前日同様渋い結果となりました。帰りに木賊温泉の天然露天風呂に入ってたら、な、なんと若い女性が入ってきました。湯浴着をまとってましたが度胸あるなと感心しきり。夏の渓流、温泉の旅思わぬ体験ができました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 11, 2011

久々の新潟。魚野川支流

久々の新潟。魚野川支流
何年ぶりだろうか、久々に関越トンネルを越え新潟県釣行。午前3時半出発、7時入渓。ボサ川で蜘蛛の巣を払いながらの釣り上がりだったが9時半頃までは反応よくイワナ、ヤマメで二桁到達。昼には雷で中断、地元のそば、温泉、昼寝のお決まりパターン。午後4時に温泉を出て川をみたらなんと昼の雨で濁流になってました。濁りのない支流を探して走ってたらパンク、、もうイブニングだめかと思ったがスペアタイヤに履き変えてもまだ明るい。同行の友達のお気に入りポイントに6時に入り7時までイワナ、ヤマメを追加して納竿。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2011

二日目はイワナ。鬼怒川支流の小沢

二日目はイワナ。鬼怒川支流の小沢
7月3日。道の駅に車泊し二日目は小沢。鮎解禁のおかげで先行者なし。最初の沢は一時間以上釣り上がったが反応なし。というか退渓点がわからず、崖をはい上がるも林道にでられず諦め、釣りながら更に上流の退渓点を探すはめになり体力消耗。次の沢では数投目から良型イワナの反応があった。新規開拓の醍醐味です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2011

鬼怒川水系

鬼怒川水系
漁協のホームページをみてたら明日から鮎解禁とのこと、鮎師が入ると釣りにならないと思い急遽日光市方面へ。到着は夕方5時。漁協の人は今から入るのって日釣券半額にしてくれました。お気に入りポイントに急いではいり数投目でヤマメの強烈な引き。ネットにはいり切らないくらいだったのでメジャーで測ってみたら31センチ。久々の尺ヤマメでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2011

長野県千曲川支流

長野県千曲川支流
6月19日久しぶりの渓流。今シーズンは例年の阿武隈高原の渓流が原発で立ち入ら禁止区域となっているので行き先にはいつも迷ってしまう。今回も新規開拓。渓流ガイドと地図を頼りに上信越佐久インターから千曲川支流を車で走りながら探索。お気に入りの渓相の川が見つかったが釣り人はほとんどいない。有名河川で釣り人がいないということは釣れないってことかも知れないがとりあえず入渓。一日粘って山女8匹。渓相の割に反応は悪かったが夕方24センチの良型がでたので納得。行きは3時間、高速道路千円最終日だったためか帰りは渋滞で4時間。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2011

栃木の渓流

栃木の渓流
5月3日、今期二回目の渓流。いつものGWなら阿武隈高原の渓流を釣り歩いていますが原発事故の避難区域になっているのでNG。代わりに高速渋滞を避け一般道でも行ける宇都宮、今市、日光市周辺の川にいってきました。渓流といっても鬼怒川支流の大河川、ポイントが絞りにくく今まであまり良い思いをしたことはありませんが時期的に条件がよく入渓者が多くてもそこそこヤマメが出てくれました。午後は藤原町のC&R区、漁協のおじさんがまだ三依地区は雪解け水も混じり水温も低くドライでは厳しいとの話があったのでダム下に入りましたが雨で日差しがなくなり反応はハヤのみ。夕方にかけ更に雨が強まったので納竿、やしおの湯に入り帰宅しました。福島と違い栃木の渓流はやはり段違いに人が多いのでストレスを感じます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧