July 29, 2007

土用の丑

土用の丑
明日は土用の丑の日、成田の鰻の名店い志ばしに開店一時間前の10時に到着したがすで14番目、待ち時間は一時間以上。普通の店なら行列嫌いなのでパスするけど、ここの鰻と鰻肝串焼き待つだけの価値あり。聞くと一番の人は朝八時に来たそうな。土用の丑の日のような特別の日をはずせば開店30分前到着でくらいで待ち時間30分程度で食べることができる。それより遅くなると肝焼きが売り切れになり楽しみは半減する。結局二時間待ちの12時に入り絶品の鰻重をいただいた。残念ながら今日は繁忙日で肝焼きはなし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 01, 2005

らーめん横綱

yokozuna
京都市内を中心にチェーン展開する「らーめん横綱」。ここに限らず京都のいくつかの良心的なラーメン屋は昔から九条ネギがザルごと出てきて入れ放題。やや辛口の醤油豚骨の熱々スープに九条葱をどっさり山盛りになるくらい放り込んでスープの熱でややしなった刻み葱をムシャムシャ口に放り込むと暑さもわすれ最高の気分になれる。全国チェーン展開の天下一品も僕が学生で京都に下宿していたころは確か葱入れ放題、先輩と一緒に葱おかわりをして食った記憶がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

明石焼き

akashiyaki


姫路駅を降りて、駅ビルから姫路城側へ出ると山陽百貨店という独立系百貨店がある。その地下にカウンターで食べるたこ焼き屋があるが、ここでは出汁に付けて食べる明石焼きを頼みたい。出汁に付ける以外にたこ焼きとの違いは卵が多いのと、具が天かす等を入れないたこだけというところ。たこ焼きとは似て非なる上品な味わいに幸せになること請け合いである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

姫路の駅そば

ca260002


今日は実家の兵庫県姫路に帰省。姫路駅にのぞみが停車するようになってから、東京から三時間強、随分便利になった。駅に降りてまず立ち寄るのは姫路駅構内に数カ所ある「えきそば」。かんすいを入れた焼きそば麺のような独特の麺をうすくち醤油ベースの関西風うどんスープで食べる感じ。味はうどんともそばともラーメンとも違うあっさりしたもの。特別美味しいというものではないが姫路に帰るとついつい寄ってしまう素朴な味である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)