October 02, 2006

僕だけの渓

P9300039
9月30日(土)今シーズンの最後は久々の一人での釣行。当初は茨城の釣友と合流するつもりだったが、前日は中間決算期末の打ち上げで夜遅くなり集合時間に間に合いそうにない。とすると行き先は10年以上通い詰めた勝手知ったる福島浜通りいわきの渓流になる。自宅出発は五時半、高速道路の深夜早朝と通勤割引を組み合わせ、いわき湯本まで半額料金で走り現地着は八時前。久しぶりのいわきの渓は黄金色の田園地帯をながれ彼岸花が渓の堤にアクセントを添えていた。
P9300036

朝ゆっくり出発したため朝一に狙っていたとって置きのポイントにはいわき、土浦、足立ナンバーの車がとまりフライマンの団体が入渓準備をしていた。出鼻をくじかれた形となったがいわきの渓なら長年通いつめた思いでいっぱいのポイントがいくつでもある。躊躇なく車をUターンさせ別の支流に入った。午前中はあたりもポツポツで最大でも20センチ程度のやまめであったが、支流を変えてからは一台釣りの車をみただけで渓流にいるのは僕だけ。時々稲刈りの人が川の中を覗くだけでのどかな里川を独占している満足感に浸ることができた。昼は地元のそば屋で田圃の稲刈り作業を眺めながら手打ちそばをゆっくり味わい、そば屋の駐車場で昼寝をした。
P9300037
午後は三年連続シーズンの最後に入っている村の中の堰堤下にいつもより早めに入った。イブニングに備えやや大きめのパラシュートを投げたところ数投目でガツンと大きなあたり、うまくフックしたが一気に芦の下に潜られフライがはずれてしまった。すぐに気を取り直し投げなおしたらまたあたりがあり、24センチの良型やまめが出てくれた。その後半時間程24〜26クラスのやまめが連続ヒットして今シーズン最後の渓流釣行を締めくくった。
いわき湯本温泉に浸かってラーメンたべて、自宅到着が10時前、渋滞もなく疲れもなくゆっくりと一日を過ごすことができた。だれでも知ってる川だが10年以上通いつめた僕にとっては、いつまでも大事においておきたい特別な川かもしれない。

Banner_03_1人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2006

桧枝岐釣り人ラッシュ

P9230024
9月23日(土)シーズン禁漁まであと1週間。今回は会津方面の仕上げとして桧枝岐、舘岩村への釣行とした。22日夜9時半出発、首都高速で板橋区のnobuさんをピックアップし東北道へ。那須塩原ICから一般道で桧枝岐へ向かう。午前6時には車泊地の尾瀬沼高原駐車場にどんどん釣り人の車が入ってくる。
さすが有名河川には人が集まってくる。先行者が入る前に入渓するだけの気力はなく、ゆっくりと朝食をとり、入漁券を買ってから前回釣行時の入れ喰いポイントを探ってみた。
すぐにいわなが出てきたが前回同様、胸鰭のまだ成長していない生簀での養殖いわな。しかも前回よりサイズダウン。坊主よりましといいつつも、やはり綺麗ないわなが釣りたい。ただ1時間ほどで気づけばまわりには餌師、ルアーマン、テンカラ師とどんどん人が入ってくる。これだけ人が入ってもつれるのはやはり放流のおかげ、贅沢は言えないと自らをなっとくさせポイント異動をした。
早めの昼食は桧枝岐の裁ち蕎麦、いつもの蕎麦屋で大盛りを食べ、しばし休憩。午後からは支流部をみてみることにした。支流にはいってもポツポツとつれるものの、相変わらず、鰭丸いわな。しかも数十分釣りあがっただけで先行者に追いつくわ、上流から餌師が釣り下がってくるわで、魚をみるより人とすれ違う方が多い。
06071515ca330004_1
3時過ぎにはラッシュのなかでの釣る気が失せ、舘岩村の木賊温泉露天風呂に入ることにした。
木賊の露天風呂は川の脇から湧き出る天然露天風呂、硫黄臭がわずかにある野趣満天の共同混浴風呂。幸か不幸か、女性が二人入浴していた(年齢はノーコメント)。風呂上り後、温泉の周りを釣ってみる。1時間ほどつりあがり5時ごろに発見したライズで鰭ピン岩魚を釣り上げ納竿とした。

Banner_03_1人気blogランキングへ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 18, 2006

阿武隈高原尺やまめ

P9160005_1
9月16~17日禁漁まであと2週間、阿武隈高原と那須の渓流を釣り歩いた。16日午後、黄金色に輝く田園地帯をながれる小渓からでたのが、31センチの尺やまめ。やまめでは過去最高のサイズを釣ることができました。
16日朝3時自宅出発、午前5時に宇都宮のホンさんをピックアップし、東北道を北に向かう。白河から郡山をとおり、阿武隈高原へ向かう。今回の目的は春から初夏のかけて好釣できたポイントを車で釣り歩くこと。現地についてみると前週雨が続いたせいでかなり増水している。ドライでは魚が追いきれるかやや不安であったがとりあえず入渓し、つり上がっていった。春と違い秋は激渋。一般的にどこの渓流でもいえることだか、魚影は薄くなかなか反応がでない。同行のホンさんが、昼すぎに29センチの良形山女をようやく上げたが僕には全くあたりなし。いや正確にいえば木っ端やまめは何匹か上げているがこんなの数にいれたくない。「今日は坊主確定」とぶつぶついいながらも、ろくに昼もとらずただキャストを続けていた。P9160008
「次がダメならもう川を変えましょう」といった午後2時過ぎ、村中の細い流れに大きめのエルクヘアカディスを投げたところいきなり「ガボッ」と大きなあたり。その後ぐいぐいとロッドがまがり魚は下流部に一気に走りだした。「これは大きい」と思ったものの26センチくらいかと思っていた。あまりの引きの強さにスレ掛かりかと思ったが、きちんと口でフライを加えている。50mくらい下流にくだり要約ネットに入ったのが31cmの見事な尺やまめだった。P9160007
その後、川内村にある日帰り温泉「かわうちの湯」で汗をながし浜通りで車中泊予定であったが、翌日の天気予報が雨。雨の中の釣りは避けたかったので、雨の確率が比較的低い栃木県那須方面へ大きく移動することにした。那須では道の駅友愛の森で車中泊。翌日は那須高原の別荘地内の小渓を探り、昼過ぎには納竿した。

Banner_03_1人気blogランキングへ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 03, 2006

猪苗代磐梯方面最終釣行

06090210p9020005
9月2日(土)9月最初の釣行は今月中旬で禁漁となる猪苗代漁協管内の渓流を釣ることにした。1日夜9時に松戸を出発。国道16号、4号線バイパスで11時過ぎに宇都宮着。同行のホンさんをピックアップして一般道で白河から峠を越え猪苗代方面に向かう。現地着2時、3時間仮眠をとり朝一番に猪苗代湖流入河川の最源流部に入った。ここは退渓点まで2時間程度か流かり僕にとって初めてはいるポイント、ホンさんも今年初めての入渓で様子は解らないがそれだけに期待は高かった。しかし丁寧に竿ぬけポイントをたたいていったものの結局手のひらサイスが数匹でただけで大きく期待を裏切られた。ポイント移動ご昼過ぎまで周辺を釣り続けたものの期待の大物の反応はなかった。猪苗代方面最後の釣りだったため、地元の名店「まるひ」でそばを食べ午後三時すぎまで昼寝をした。
06090216p9020009
夕方はいつものイブニングポイント周辺を釣ってみたが、たまにでるやまめはこれも手のひらサイズ、結局イブニングまでまつことになった。イブニングでライスがで出したのが7時前、日が短くなったのでゆっくり構える余裕もないが、フライに反応があるものの数回針掛りせず空振りをした。落ち込みのすぐ手前で明確なライズがあったのでカディスを流すと一発ででたが一気に岩の下に潜られ痛恨のラインブレーク。結局大物は一度も取り込むことができず終わった。6月以降毎週のように通った磐梯の釣りは静かに終了した。残り3週間は解禁当初に通った阿武隈の渓で遊ぶことになりそうだ。

Banner_03_1人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2006

会津縦断

P8190035
8月11日(金)~12日(土) 久しぶりに平日の休暇をとり11~12と1泊2日(正確には木曜出発の2泊2日)の釣行に出た。行き先は気の向くまま、、、、この時期やはり源流域だろうが水況は行ってみなければわからない。
木曜日午後9時自宅出発、一般道で宇都宮に向かい11時宇都宮で同行のホンさんをピックアップ。残暑厳しい中、あまり睡眠不足で釣りをしたくなかったのでとりあえず通いなれた裏磐梯を目指す。早朝から入渓するも小ぶりの岩魚が出ただけで反応は薄い、この日も天気は快晴、もう午前6時には真夏の日差しで魚の反応は鈍くなった。早めに見切りをつけ、前々から気になっていた会津坂下方面へ移動、途中喜多方で坂内食堂により腹ごしらえ、山を一つ越えそばの里山都へ向かう。ここは例年秋に訪れていたが、今回は前日の夕立の影響か支流の方が本流より水量が多く濁りも入っていた。本流上流部で数匹のいわなを出すがサイズが小ぶり、気温はどんどん高くなり小一時間程度昼ねをし体力を回復させた。昼すぎには移動を決意し、再度裏磐梯へ大返し。ちょうどイブニングには到着し、朝入ったポイントをもう一度攻めてみると、朝とはまったく様相が異なり一投目から良形いわなが出てきて、その後も次々と釣れだした。あたりが続くため釣りあがりに意外と時間を要し、当初日没直前で大物を狙おうと思っていた地点には結局たどりつけず午後7時納竿。日帰り温泉で汗をながし、道の駅裏磐梯で車泊をした。
12日午前6時、桧原湖流入河川に入るが小粒やまめがポツポツつれる程度、ホンさんのフライに一度だけ28cmはあるヤマメの反応があったものの、水量がすくなく一投目でフライを覗きに出たまま姿が見えなくなった。朝一番が終わると前日同様ピーカンの晴天、日中はかなり厳しい釣りが予想されたので、一気に南会津まで移動することにした。どうせ帰りは南下するわけだから、やや遠回りの帰り道といったところ。裏磐梯から120km、桧枝岐村を目指した。到着直後、いつもの橋の上から川を覗いてみると驚き、なんと盆休みの終盤にもかかわらず前回同様、放流されたいわながまだまだ残っている。早速入渓しつりあがると釣れる釣れる、、25cm前後のほぼ同じサイズのまだ鰭が未発達の放流いわなが次々つれ竿を曲げてくれた。同行のホンさんは1時間程度で「もう飽きた」といいながら退渓、僕もその後1時間続けたがドライ、ウエットの釣りを堪能し6時前に納竿した。次回は鰭ピン山女を狙いにどこか出かけたい。走行距離、往復900km。

Banner_03_1人気blogランキングへ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 07, 2006

いざ源流へ

Genryu
8月5日(土)今回は山形県南最上川源流部と福島会津喜多方の渓をまわる事にした。4日(金)午後8時出発。国道16号から4号線バイパスを通り宇都宮まで2時間、同行のホンさんをピックアップし、更に一般道を通り今市、会津田島、会津若松を通り松戸から5時間、午前1時に道の駅喜多方に到着。そこで車中泊し翌朝5時に山形県境を越え最上川源流部に入った。
ホンさんによると過去実績があるポイント、期待に胸躍らせてドライでつり上がったが反応なし。水中を歩いても走る魚は一匹もなく前回とは全く様相が異なっているようだった。源流部にしては比較的遡行しやすい渓相であるので今年の長雨で下流部に流されたのかもしれない。一時間程度で見切りをつけ移動することにした。福島県側に戻り喜多方に流れ込む渓の源流部に入るがここは1時間強釣り上がるも平水よりかなり増水しており遡行がつらい上ドライへの反応もなく、次の川に移動することにした。この時点でもまだ午前9時すぎ。昼にはまだまだ早いが喜多方市内に入ったため朝から営業している「まこと食堂」でブランチ?ラーメンを食べしばし休憩した。
Genryu2_1
その後、喜多方の渓を流すも15センチ程度のチビヤマメのみで反応薄く午後からは大きく移動し、通い慣れた裏磐梯の渓を釣ることにした。移動直後はまだピーカンの真夏の日差しで魚の反応は厳しかったが、三時過ぎにようやく同行ホンさんに27センチのヤマメが二本でてくれた。良型がでて気を良くし最後のとっておきのポイントでイブニングに突入した。イブニングでは五時半ごろからイワナの反応が良くなり一時はフライを乾かす間もなく次々に出てくれた。最大サイズはホンさんの29センチ、僕も22〜25センチサイズをイブニングの一時間強で20本程度揃え納竿することが出来た。


Banner_03_1人気blogランキングへ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 30, 2006

南会津放流岩魚

Yunohana
7月29日(土)二週間ぶりの釣行。今回は横浜のアサやんと二人でどこか行こうということになっていたが、前日に急遽メンバーが増え、千葉から僕とサヨさん、横浜からアサやんが埼玉のナベさんをピックアップし、道の駅塩原で集合することになった。午前4時半、道の駅で一台に乗り換え向かうは南会津舘岩方面。僕は舘岩では良い思いをしたことが余りないが、今回はアサやんの地元の友達の情報があるとのこと。ここ数回は南会津で面白い釣りが出来ているので当然今回も大物の数釣りに期待が膨らんでいた。
現地着6時、舘岩村はちょうど夏祭りの開催日であったが、釣り人の姿はまだあまり見えない。水量はやや増水気味であったが、濁りはなくドライでも十分釣りにはなると思えた。朝一の人が少ない時にまず激戦区に入って4時間程度ポイントを変えながら釣りあがるが、期待に反し魚の反応は全くなかった。
さすがに夏休みで毎日のように釣り人が入り、入渓しやすいポイントでは釣り切られているのかもしれない。午前中は結局4人でチビ岩魚が1匹だけのお粗末な釣果となった。
舘岩村の食堂で早めの昼食をとり作戦の建て直し。前回大釣りが出来た桧枝岐に向かうことにした。舘岩と桧枝岐は漁協が違うがどちらも日釣り券は千円、今年から日釣りを2千円に値上げをした群馬の片品川比べるとそれでも安いかもしれない。ということで桧枝岐漁協の日釣り券を追加で購入し、前回のポイントへ移動した。
桧枝岐川の水量は下流部はまだ渡河に苦労する状況だが、上流部むしろ多めの水が次々に入る釣り人の気配を消してくれる適水量といったところ。入って驚いたのがウェーディングで進む毎に魚が走る魚影の濃さ。ただ先行者がかなり入ったようで、魚は走るが岩の下から走り出す様子で、流れに定位している魚はポツポツといったところ。丹念に探っていくと流れのゆるいところに固まっている岩魚の魚影を確認できた。
釣り上げてみるとサイズは24~25の良形ばかりだが、どれも鰭が丸い。まさに放流直後の岩魚で一定ポイントでは投げるフライに次から次とフライを加え動けなくなってしまった。
結局夕暮れまで同じポイントに釘付けとなり、午後は岩魚爆釣気分を味わうことができた。多分次回訪れた時には魚は全部釣り切られているだろう。たまたま放流ポイントへ入れたため、久しぶりにお気軽な釣りをのんびり楽しむことが出来た。午後7時には納竿、木賊温泉で汗をながし、午前12半無事帰宅。

Banner_03_1人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2006

南会津二匹目の泥鰌

06071511ca330003
7月15日(土)先週の好釣果が忘れられず、二匹目の泥鰌を狙いに今回も南会津に向かう。近所のアラシさんにピックアップしてもらい三郷ICから東北道で那須塩原IC経由南会津に向かう。現地着が午前7時半、朝一に前週の爆釣ポイントに向かうが水は前週にくらべはるかに多く、増水で笹濁り状態。更に前週ポイントには既に餌師が3人も陣取って動かない。「まったくポイントから動かないところをみるときっと釣れてるんだろうな」「いくら釣ってもいいから魚は置いておいて欲しい」と思いつつ下流部に入渓。数投目程度で雨が降ってきた。雨は天気予報で覚悟してたが、雷鳴が聞こえしばらくすると土砂降りに。。。
まだ1時間もやっていないが川から上がり桧枝岐村営温泉「燧の湯」に浸かり雨宿りをすることにした。
06071511ca330002
温泉から上がり地元の蕎麦を食べて昼前にはようやく雨があがり村中の流れでロッドを振ってみたところ25~6センチの岩魚が連続で出てくれたが、しばらくしてまた雨足が強くなり川は見る見る濁りが入ってきた。
仕方がないので車で大きく移動したものの別の支流を見ても濁りは取れていない。1時間程度走り濁りのない川を見つけても漁協が違うため入漁券を買いなおさなくてはならない。むしろ元の場所の方が濁りが少ない状態であった。
06071515ca330004
せっかく1時間以上走ったので今日二度目の温泉、木賊温泉の天然露天風呂に入り汗を流してから、イブニング狙いで桧枝岐村の戻った。雨の合間をみてロッドを出す状態であったが、午後5時半には雨が上がり再入渓。午前と同サイズのイワナを数匹追加し、1時間後には本降りとなったので納竿とした。釣りより温泉、ポイント探しの時間の方が長かったが、再度良形と会え終えることができた。
ただ、半分以上が鰭が丸い。そろそろネイティブ鰭ピン山女が恋しくなってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2006

南会津イワナ乱舞

Hinoemata_006
7月8日週末毎の釣行で疲れが溜まってたのでこの週末はタイングでもしてゆっくり過ごすつもりだったが、横浜の友達から「南会津方面に行くけどどう?迎えに行くよ」というメールが入った。お迎えまで付くなら断る理由がない。朝五時にピックアップしてもらい東北那須塩原ICから田島を抜け舘岩・檜枝岐村方面へ走る。現地九時着、漁協のおじさんの話しでは僕たちの考えていた入渓点の上下でかなり良形がたくさんでているとのこと。入漁券売りの人の話しは眉唾物と期待半分で入ったが、数投目から小振りながらいわながたて続けにヒットした。気をよくしてつり上がっていくと今まで餌師が入っていたポイントでも25センチ前後のイワナが出て魚影の濃さを実感した。ただ出るイワナの半数以上は鰭がまだ丸く放流直後の魚がまだ散らずに固まっていたものと思われた。
Hinoemata_008
午後は地元の裁ちそばを食べ腹を膨らませ更に上流に入渓した。ここは更に魚影が濃いと思われ急流の中の流れが緩やかなポイントを流すと必ずと言っていいくらい25センチサイズのいわなが出てくる。同行の釣行四回目の初心者のSさんにも尺物が出て驚かされた。
その後イブニングはC&R区に入ったがかなりプレッシャーが高いとあってなかなかあたりがない。たまに出るのは放流物イワナという状況で七時に納竿とした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2006

猪苗代・喜多方濁流釣行

7月1日(土)今日は久々に自宅から同乗者ありの釣行。会社の同僚Sさんは秋田出身で最近フライフィッシングにのめり込んでいる。ただなかなか奥様の渓流釣行の許可が下りず成田のジョイバレーというマッディな水の管理釣り場で憂さを晴らしてるらしい。「フライはクリアウォーターの渓流でこそ」「この時期イブニングは入れ喰い」と同行者の欲しい僕は甘い言葉で無理矢理誘いなんとか長距離運転手を確保、午前四時に磐梯猪苗代方面に向かった。雨はパラパラ降っているが天気予報っは午後にはあがるらしい。今シーズン最高のコンディションを夢見て常磐道を北上し、途中高速から見えるいわきの渓流を見て愕然とした。まっ茶茶のマッディな水、、いやいや浜通りは雨が多かっただけ、中通りは晴れてるよ、なんて期待しながら猪苗代磐梯ICを降りても泥濁りの濁流。小渓でためしたが3センチくらいのヤマメ一匹。その後、沢に絞っていくつかまわるも濁りと重いながれに魚の反応はなし。
猪苗代で地そばを食べ、喜多方までいったがどの川も入れる状況になし、まこと食堂のラーメンを食べ熱塩温泉に浸かってから猪苗代湖を南下し、渓流を探すもどこも見込み薄。最後に峠を越え須賀川市の渓でイブニングをすることにした。相変わらず水量は多いがささ濁り程度、最後の望みをかけつり上がり同行のSさんに手のひらサイズのヤマメが出ボウズ脱出。僕もどうサイズを数匹追加し、未消化ながら納竿とした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)